2014年4月1日火曜日

9,980円 意外に使い勝手が良かった Pioneer CD ミニコンポ X-CM31-T レビュー



まずイケていない点を幾つか。

  • リモコンの反応が若干遅い(慣れれば問題ありません)
  • 本体上部の iPhone トレイは 30pin 対応(4S 以前 ならバッチリ。5/5s は USB 経由で操作可能)
  • スピーカーがピンコード接続(ヘタに変えられない)
  • 手持ちのトランセンド MP330 は未対応
  • AAC が再生できない(対応フォーマットは MP3 / WMA / 音楽 CD)※LINE 入力があるので本当はどうにでもなります
  • BASS/TREBLE 低音/高音の設定を記憶してくれない

私に関してはこのくらいでしょうか。



タイムセール品(¥9,980 約15%引き)だった Pioneer CD ミニコンポーネントシステム X-CM31-T がこの繁忙期にもかかわらず2日で届きました。

目的は音楽を PC で聴くことに疲れていた事と iPhone スタンドのかわりにしたかった事、さらに FM を聴きたかったからです。

少し前の製品なので基本は iPhone4/4S 対応でコンポの上にあの 30pin コネクタとちゃんとした端末置き場があるんですが、iPhone 5/5s でも付属のスタンドはあるので一応大丈夫です。ただ 5/5s だと Lightning ケーブルが別途必要ですね。

▼付属品一式です  スピーカー用滑り止めシールが8枚付属は好印象

▼iPhone 5s 接続
特に何の作業もなくすぐに再生可能です

▼USB メモリ接続 … リモコンの「表示」ボタンで切り替えると ID3 タグを読み込んで
「タイトル → アーチスト → アルバム」 順に表示されます※但し2バイト文字(漢字等)は不可
 ※トランセンド MP330 は再生不可でした 

▼リモコン … 「ディマー」ボタンはボリューム、ディスプレイ等の明るさ調整
特に説明書みなくてもほとんど理解できました 赤外線到達範囲はとても広い

▼リモコン AXD7675 機能割り当て一覧

約10,000円のミニコンポでこれだけの音質、使い勝手ならば Amazon カテゴリ内でのベストセラー1位というのもうなずける気がします。音質はバス/トレブル(ともにプラスマイナス 5 ポイントまで)独立していますし、イコライザ(FLAT/JAZZ/ROCK/POP)と P.BASS(低音増強)も使えます。※同時使用不可

使えないことはないですが MP3 CD では 700MB しか容量がないので多分使わないと思います。やっぱり本命は USB フラッシュメモリじゃないでしょうか。今のヤツじゃ出っ張りすぎて何かの拍子に壊しそうなので サンディスク Sandisk USB フラッシュメモリ 超小型 Cruzer Fit CZ33 16GB 海外パッケージ品 を買おうと思います。



2Way だけあってまんべんなく帯域が広い気がします。フラットでもいい感じですがトーンコントロールをいじればワンクラス上の音に。特に高音域を上げればシャキッとしたサウンドになります。

気のせいかもしれませんが音楽 CD より USB 接続の MP3 の方がかっちりとした音調に聴こえます。128kbps 程度の低ビットレートでもそう感じるんですが..

ーここで色々試してみたー

..音量を上げてわかったんですが、やっぱり 音楽 CD の方が一枚上手ですね。解像度とか透明感とかの違いがわかり出してきました。

■Pioneer 公式サイト
CD ミニコンポーネントシステム X-CM31 > 該当製品取扱説明書

0 件のコメント: