2014年4月7日月曜日

しばらくは Opera 12.16 を使い続けます。いや !?





「老害だけが理由でしょうか 会えなくなるねと..」 と柏原芳恵(本家)風に。

昨年2013年の7月にクロミウムな Opera 正式版が出てからもう少しで1年が経とうとしています。当時、Presto(プレスト)エンジンを止めるとはまさに青天の霹靂でした。その時はこう思ったものです。「別に描画エンジンだけならいいけど何かしら変わるんだろうな~」と。

独自すぎるエンジンのため未対応のサイトがなかなか減らなかったのも事実(それでもかなり改善された)ですしそれが原因でシェアを落としている部分があったのかもしれません。

私は去年の夏、ワクワクしながら新しい Opera 15 をインストール。そして胸をときめかせそれは新しい恋が始まったかのような錯覚にも陥りました。確かに見た目はそっくりです。スピードダイアルはあるし Opera の紋章もフラットなアイコンになりちょっとだけイカした感じに見えます。

..とここまで ver.15~17 くらいの間試しに使っていた時はそう感じていました。最新の Chromium 版 Opera 20 をインストールせずに。突如として比較してみたくなったので今から入れます → → 入れました。これで今度こそきちんと乗り換えるきっかけになるかもしれません。


既定ではマウスジェスチャーのカスタマイズができない模様。これは拡張で対応する方針なのでしょうか。Opera 最大の売りだっただけにデフォルト採用希望です。


スピードダイアルのサムネイル表示を小さくできるようになってます。これまで違和感の原因になっていた事もありこれは嬉しいですね。コラム/カラム(縦列)も 2~9 個まで変更できるようで Presto ライクになってる感じが Good です。


以前 Chromium Opera を試した時に確認しなかったのですが wand.dat の動向が気になり設定画面(Alt + P なのがうれしい)をみると前 Opera のものを引き継ぎ完了しているようで setting > プライバシーとセキュリティ > パスワード に管理画面がありました。ここを初めて触っていると OS のアカウントパスワードを利用して表示できるみたい。こんなに良仕様なのは前からですか ?


最大の懸念はやはりサイドパネルです。Chrome が大きなシェアを獲得しているのが現実なのでリサーチ的にはあまり必要性ないのかも。私はブックマークを一時保管場所にしているのでアドレス欄下のブックマークバーでは面積が足りません。これも拡張で対応するのでしょうか。※下段に追記あり

ここまで寄せてきているのにやっぱり何かが違う。完全に乗り換えるのは拡張なしに以下の機能が実装された時になるかもしれません。

  • マウスジェスチャーカスタマイズ
  • サイドパネル
  • タブのコントロール「並べて表示」
  • ユーザースタイルシートオプション


このくらいしか思い浮かばないということはたったこれだけのために 12.16 にしがみついていると言い換えることができますね。他に細かい違いはたっぷりあると思いますが、それこそ老害呼ばわりされそうなので何とか追いついて行きたいとも思います。

Opera のシェアが大幅に上がることを心から切に願っています。

※(追記:2014.4.8)
サイドパネルにおけるブックマーク表示については、Opera 12 と全く同じものとはいえませんが Opera 20 に秀逸なインポート機能、ブックマークインポータ (メニュー  その他のツール  ブックマークインポータ) が備わっており、上段のブックマークバーかスピードダイアルに表示させることが可能でした。

・ http://www.opera.com/

[関連記事] Chromium版のOperaプロファイルをバックアップしてみた | ディスクミラーリングツール編

0 件のコメント: