2014年4月23日水曜日

Opera 12.17 アップデート(セキュリティ対策)※追記あり


Windows Presto 版 Opera の最新版 ver 12.17 のアップデート通知がきていたので悩むこともなくそのままアップデートを済ませました。


上のアップデート画面を見る限り ”セキュリティ対策” 推奨アップデート と書いてあります。

Mac や Linux 版にはアップデートが来ていない事を考えると素直にプラットフォーム固有の問題に対応したものと考えられます。

公式チェンジログの更新は 12.15 で止まっていて、現時点では詳細な変更点は把握できません。

Desktop Team のブログにも現時点ではなんら記載がないのでできるだけクロミウム版に移行してね、と言う暗黙の促しなのかも。

追記:2014/4/23 20:45

the standalone autoupdater for Opera 12 on Windows was vulnerable to a Heartbleed attack from someone who would be in possession of a valid Opera certificate.
デスクトップチームブログによると ”Opera のスタンドアロンアップデート(自動更新含む)における Heartbleed 攻撃の脆弱性に対応した” みたいなことが書いてあります。Mac や Linux は影響を受けないのでリリースされない模様。

0 件のコメント: