2014年10月10日金曜日

iPhone で聴く曲の音量が足りない(パイオニア Pioneer SE-CL721)



iPhone5~付属のイヤホン(EarPods)は確かに音質向上しているようですが、ボリュームをMAXにしても音量(音圧)が足りないと常日頃から嘆いていました。そもそも簡単に耳から外れ落ちます。MP3GainやAACGainで音量を上げるもやり過ぎると歪みます。



そこで最初にとった行動はなるべく抵抗の少ない音量が取れるイヤホンを探しました。実際に買ったのはJVC HA-FX3X(約2,600円)。このイヤホンは大ヒットしたみたいでAmazonでも高評価及びかなりのレビュー数が付いています。自分が着目したのは「出力音圧レベル : 104dB/1 Mw」という部分。105デシベル位までくるとApple純正イヤホンとの差が明確に出てきます。ドンシャリ気味ですがエッジが効いて良いイヤホンでした。



次に試したのはSHURE SE215(8,000円強/SPは約10,000円)。これは今でも頻繁に使っており(音漏れさせたくないとか)溺愛しています。何が良いかというとダイナミック型ならではの自然な音調と107dBを誇る音圧、高密封性。これも若干ドンシャリ気味感が否めませんがそういう音が好きなので全然OKです。同社のSE535(バランスド・アーマチュア型)とかと聴き比べましたがSE215の方が好みの音質でした。

ただ唯一好きになれないのがいわゆるSHURE掛け(耳の裏側にコードを巻き付けて装着する方法。歌番組とかで良く歌い手さんがやってる方法)です。たまにならいいのですが頻繁に音楽に浸りたい人にとっては面倒。イヤホンの形を確認して「こっちは右だな」と確認作業が毎回入るのです。また髪が長いといちいち髪を耳にかけてやらなくてはなりません。純粋に音は良いんですけどね。



ただこれでも自分にとっては音量が足りなく感じていました。すでに若干難聴気味なのかもしれません。もうこうなるとポータブルアンプの出番です。

ポタアンは偉大です。が、iPhoneとくっつけて持ち歩かないといけなかったり充電したりでこれはこれで煩わしい部分が多い。スマホにもうちょっといいアンプ載せてくれれば解決するんですけどねーー



本当はゼンハイザーとかの高級イヤホンには音圧が高い機種があるのですがなにせ高い! イヤホンに5万10万出すのは気が引けます。で、色々探した挙句なかなかいい物件を見つけました。

Pioneer BASS HEAD カナル型イヤホン SE-CL721(実売価格1,800円前後)

↓レッドが右耳。分かりやすくていいです。

φ9mmドライバ。イヤピースは中サイズが標準で付いていてXS/S/Lサイズが付属。 
↓ 

L型プラグ。少し厚めのiPhoneケース(TPUソフトケース)でも大丈夫。
↓ 

スペック↓※拡大


もうかれこれ半年位使っているのですがこのイヤホンのおかげでポタアンを使わなくなりました。この価格にしては圧倒な音圧110dB。正直自分が感じた音質は「そこそこ」と言った印象。レビュー等ではある程度高評価を受けているようですが、価格対比のニュアンスも含んでいるんじゃないでしょうか。

音質の特徴は「湿気の少ない乾いたUSAウエストコーストサウンド」。低音も高音もちゃんと出ているのですがイヤホンの筐体のせいなのかどうか「箱鳴り」している感覚を感じます。特に高音域でそう感じました。



さて、iPhone標準アプリでは自分の好みの音にならないと言うジレンマを克服せねばなりません。

iPhone付属のミュージックアプリとイコライザで色々調整してみるもイマイチグッと来ませんでした。どうしたものかと悩んでいましたが忘れていた昔セール中にゲットしたRADSONEというミュージックアプリで鳴らしてみると音圧感度がもう一段上昇。イコライザで弄ってみると…

素晴らしい化学変化が起きた模様。妙な箱なりの感じもほとんどなくなり低音もドスドス響きます。やはりポイントは超高音域だけは強くして右から2~3番目はガクっと抑えること。感覚的にも箱なりの部分かなと感じます。
 ↓

今回設定している「BYPASS」は何も効果を付けないという事。上記のイコライザ設定で「PLEASANT」 は流石に違和感が。「Hi-Fi」「DYNAMIC」ならいい感じに派手になってくれます。

イコライザ調整がはかどります
↓ 





私が良く聴く曲のジャンルは 80s Disco Peter Brown - Love Is Just the Game(23曲目) みたいな感じや "Perfume - LEVEL3" 、その他カッチリとした音のJ-POP(ドリカムの "ドリカム - 決戦は金曜日 (7曲目) "、"YMO - The End Of Asia (4曲目) "など。

音の感じ方は個人差があると思うので如何ともし難いですが、人によっては「こりゃ最高!」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかしアメリカのAmazonでも内容を読んでみるとおすすめの嵐なので結構幸せになられる方も多いのではとふんでおります。


0 件のコメント: