2017年4月11日火曜日

消えてしまった Windows 10 Creators Update のタスクトレイ通知領域アイコンを再表示させる


本日からダウンロード可能になった RS2 こと Creators Update を適用したところ、タスクトレイ通知領域アイコンで表示されないものが数個確認できました。このままでは Windows の操作に支障が出るソフトもあるので、Windowsスマートチューニングを参考にしながら操作してみました(多分 Windows 7 とレジストリの項目等は同じです)。

  1. 目標のレジストリ項目を一発で開く RegOwnershipEx をダウンロード(日本語対応)後、圧縮フォルダを展開し Windows 8 and above を取り出し適当なディレクトリに置く
  2. RegOwnershipEx.exe を起動し星印右の「Setting」から Japanese を選択後以下の文字列 HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify を貼り付けて真ん中下の「レジストリエディタで開く」ボタンをクリック
  3. TrayNotify を選択したあと右ペインにある PromotedIconCache と名前の付いた値を削除。
  4. Windows 10 をログオフ/ログオン、もしくはタスクマネージャから explorer.exe を再起動。

結果..

    ..半分くらい消えていたアイコンが復活。元通りになったことを確認できました。

    もし同じ現象に悩まされている方がいれば幸いです。但し、この一連の作業は自分が思いつきで何の確証もなく OS のクリーンインストールを覚悟して行ったものなので慎重を期す方は止めておいた方が無難です。

    [関連リンク]

    0 件のコメント: