2014年4月4日金曜日

無償になった OneNote 2013 と iPhone 版 OneNote の同期を試してみた / 2014年4月4日



[リンク追加 2014-05-02]
「OneNote for iPhone」と「OneNote for Mac」に複数の新機能 - CNET Japan


PC Watch (2014/3/18) の記事を受けて今まで有償でも人気だった OneNote 2013 を Windows7 64bit 版にインストールして iPhone 5s との連携を試してみました。

私は OneNote を使用するのは完全に初めてですが、結論から言うとかなり満足できるものでした。これなら使い方によっては Evernote の代わりになりえるかもしれません。

同期に関してはデスクトップ版 OneNote 2013 ⇔ iPhone OneNote アプリ双方でほぼリアルタイム*1で問題なく同期されました。競合は Evernote あたりでしょうか。確か OneNote の有償時は単体で購入すると1万円以上していたはず。

*1…私の環境では双方ソフトを起ちあげた状態で同期を確認できた時間は約15秒後。環境はデスクトップ OneNote 2013→フレッツ光有線 / OneNote for iPhone→Wi-Fi)




Windows 8.1 Update (既存の Win 8 ユーザーに対して) と Windows Phone 8.1 を無償化させてきた事も踏まえると Microsoft もうかうかしていられない状況なのでしょう。

..かなり大胆な方策とも思えるが、PCとして使われている分野(主にディスプレイサイズ10型以上)からの収益には影響しない一方、新規開拓の必要がある分野……すなわち、純粋なタブレット端末やスマートフォン市場へのWindowsの浸透力を高める効果は得られるだろう。.. [本田雅一氏 ITmedia 2014/4/3]

リンク追加:[海上忍 マイナビニュース - なぜMicrosoftはWindowsを一部無償化したのか 2014/4/5]




取り敢えずデスクトップへのローカルインストールとクラウド同期、iPhone アプリとの同期は確認できたのでやり方を下記に書き留めておきます。


(1) OneNote 2013 を http://www.onenote.com/ からインストール。右下に 「バックグランドで Office をインストールしています」 と表示されますがもう使える状態のようです。


(2) これが最初の起動画面です。「クイックノート」 タブの+プラスボタンをクリックして何か書いてみたいと思います。


 (3) ノート名を 「今日からよろしく\(^o^)/」 と書いて..


(4) ノートの見出しは 「今日から使い始めますよ。これはテストです。」 にしてみました。※後述する (13) へ続きます


(5) ちょっと脱線しますがタスクトレイのアイコンをクリックすると下図のウィンドウが表示されます。

左の 「画面の領域」 はデスクトップ画面のキャプチャが可能。ドラッグするとその範囲だけ切り取ってノートに貼り付けられます。

真ん中の 「OneNote に送る」 はブラウザ(Internet Explorer)でテキストを選択し右クリックから 「Send to OneNote」 を選択するとそのテキストがそのまま OneNote に送信できます。Web 画面上で右クリックから送るとそのページ全体が OneNote に転送されます。

一番右の 「新しいクイックノート」 をクリックすると、小さいウィンドウが表示され何か書き込むと OneNote の 「クイックノート」 に転送されます。保存とか何も操作は必要なくそのウィンドウを閉じると自動的に記録されます。


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  


ここからクラウドサービス "OneDrive" の操作方法を少し

(6) OneDrive のローカルフォルダは常駐しているタスクトレイから参照できますがスタートメニューからでも同じ操作ができます。


(7) 失念しましたが、どこかのタイミングで OneDrive(旧 SkyDrive)のインストールを促されます。


(8) 同期させたいので既存の Microsoft アカウントとパスワードでサインイン。アカウントを持っていな方はこちらから Microsoft アカウント


(9) 私は既定の設定で..


(10) OneDrive も初めて入れるのでそのまま 「次へ」 ボタンをクリック。


(11) 右下の 「完了」 ボタンで完了です。


(12) Windows タスクトレイの OneDrive アイコンをクリックして OneDrive フォルダーを開くとここでは既定で設定していた C:\Users\UserName\OneDrive\ドキュメント が参照されます。


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  


"OneNote" の話に戻ります


(13) タスクトレイの OneDrive アイコンをクリック OneDrive フォルダーを開く ドキュメント マイ ノートブック(URL ショートカット) を開くと IE(既定のブラウザ)で OneDrive のクラウド操作画面が表示されます。


(14) これがその該当ページ。インストールしているローカルの OneNote 2013 とほとんど変わりない操作が可能です。メニューの 「ファイル」 「挿入」 「表示」 もちゃんとプルダウンメニューが出ます。流石にちゃんと作ってありますね。


(15) ローカルの OneNote で書いたものが素早く同期されています。


(16) タスクトレイアイコンの OneDrive をクリック後、ローカルの OneNote に送信する画面から 「画面の領域」 で切り取ったスクリーンショットを送ってみます。


(17) 試しにデスクトップのガジェットを送ってみたんですが、画面の取り込み日時とともに送り先のノートにちゃんと貼り付けられています。

(18) OneNote 2013 のホーム画面 「メニュー」 をクリックすると 「ノートブック情報」 の情報表示と同期の状態確認、他のユーザーの招待等が可能。紫色左ペインの一番下に 「オプション」 があります。


(19) OneNote 2013 ホーム画面のリボン風メニューのスクリーンショット6点です。これは高機能/高性能過ぎですね。






 (20) この項目は OneNote 2013 ホーム画面一番上部の5つのアイコンの一番右の 「クイックアクセスツールバー」 をクリックした時に出るプルダウンメニューです。印刷等はここからできるみたいです。


(21) 先ほどの(18)のオプション画面です。このソフトの総合設定画面ですね。かなり詳細に分かれているので余程のことがない限り私はデフォルト値で使いたいと思います。


以上、スクリーンショットと簡単な説明でした。


iPhone との連携方法は基本的に前途のようにリアルタイム同期ですが、不安であれば下図のように右上赤枠のボタンをタップして 「今すぐ同期」 選択すればいいようです。


※その他 iPhone 使用時イメージ




OneNote 2013 はとても多機能・高性能・高機能なプログラム(良くも悪くも Excel/Word ライク)なので使いこなすのに時間が掛かるかもしれませんが、初めてインストールしたのにちょっとさわっただけでクラウドと iPhone ともに同期ができたので様々なケースで活躍してくれるソフトではないかと思いました。でもこれは Evernote も同様です。


[クラウド容量比較]


ローカルで作業する分には関係ない話ですがクラウド同期を考えるとどちらも微妙なラインですね。操作性やインターフェイスも全然違いますし。どっちがいいんでしょう.. しばらく並行利用で試してみたいと思います。今更 Evernote から移行するのも面倒な話ですが OneNote の高性能さを考慮すると移行したほうが今後何かとはかどる可能性もあります。

Evernote、OneDrive 両方とも無償版で考えるとして Evernote を3年間なら 毎月上限の 60 MB × 36ヶ月 = 約 2.16GB。しかし無制限なところが味噌でしょうか。便利すぎらしくプレミアム会員になられる方もまわりに多く見られます。私自身は Evernote をあまり使ってこなかったので未だにどういう便利な使い方があるのかよく把握していません。

OneDrive は 7GB 上限ですが 3GB カメラロールのボーナスを簡単に増やせるようです。スマートフォンの OneDrive アプリ(OneDrive (旧 SkyDrive) - Microsoft Corporation)をインストールしてサインイン後、カメラロールへのアクセスを許可するだけです。iPhone で試したところ今回は瞬時に 10GB になりました。ただ、該当ヘルプページを見ると Android 機等でボーナスがもらえないパターンもあるようです。

OneDrive の 「容量管理」 ページ



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


OneNote 2013 は商用利用や企業への導入は有償との事ですので個人利用に留めておかなければならないようです。 PC Watch の記事  Microsoft サービス規約詳細


2014.04.11追記
OneNote の文字列をコピーする時は上記の部分をクリックすることでそのメモ全部選択できるようで、長文の時に便利だと思います。


ダウンロード

Microsoft OneNote 2013
Microsoft アカウント
Microsoft OneDrive
OneNote for iPhone
OneNote for Android
Microsoft Office Mobile for iPhone
Microsoft Office Mobile for Android

2 件のコメント:

ayumu0186 さんのコメント...

大変役に立つ記事をありがとうございます!

masayaKMJ さんのコメント...

どういたしまして!