2019年2月6日水曜日

タブスタックが更に便利に明瞭化「Vivaldi 2.3 正式版リリース」

  1. 「設定→タブ→新しいタブ位置→関連するタブと共にスタック」にチェック
  2. 「設定→タブ→タブ表示→ポップアップサムネイルを表示」にチェック
  3. 元のページ(サイト)でスタック(まとめる)したいリンクを「バックグラウンドのタブで開く」等でガンガン開いていく
  4. 元のタブ上部に開いた数の横長のバーが分割表示されるのでそのタブにマウスカーソルをあてると一覧のページサムネイルが表示される。そこから見たいページへ

    4. ..横長のバーが分割表示される..

    ※既定では Ctrl + W 等、タブを閉じる の操作を行ってもスタック全体が閉じられるわけではなく単一のページが閉じられるだけのようです。

    (例1)
    1. 「設定→アドレスバー→アドレス欄のドロップダウンメニュー→頻繁に訪れるページを含める」にチェック
    2. (例1)アドレス欄に pa と入れると...
    3. paypa.com が補完され Enter でそのページへ

      1. 「設定→ウェブページ→イメージキャプチャー→キャプチャーファイル名テンプレート」でカスタマイズ
      (例2)

      (例2)$timestamp $host $title ならばファイル名は..
      2019-02-06 18.04.04 weekly.ascii.jp アップル整備済iPhone X、769ドルで販売開始.png

      (例2)

      ・アップデートは「ヘルプ」「アップデートを確認」から実行可能
      ・ソース:https://vivaldi.com/blog/auto-stacking-tabs/

      2019年1月31日木曜日

      Amazonでドコモのdポイントを優先的に利用する方法


      1. スマートフォン・PC 等で「dメニュー」を開く
      2. マイメニュー」を開く
      3. 下の方にある「決済サービスご利用明細/d払いのdポイント利用設定(spモード決済・ドコモ払い/d払い)」を開く
      4. dポイント・ドコモ口座残高の充当設定へ」を開く
      5. 適用されるサイトに Amazon がある事を確認し「dポイントをすべて利用する」にチェックし「内容を登録」をタップしページを閉じる ※「dポイント(期間・用途限定)のみ利用」はチェック無しのままで。該当する場合は各自。
      6. Amazon 支払い方法のページで「docomo(個人用)」を選択

        以上(1.~6.)でdポイントを優先的に充てることが可能になる。dカード、dカードプリペイド、iD、携帯決済、d払い、ドコモ払い、ドコモ口座等サービス名称がややこしい部分はドコモに是非改善してもらいたいが現状しょうがない。おおよその商品を網羅している Amazon でdポイントが使用できるのが便利なのは確かなので 5. の部分を確実に設定しておくとドコモの全dポイントが amazon.co.jp で利用可能になる。

        特に docomo Online Shop 等で機種変等を行った場合、人気機種のスマホを下取りに出すと結構な金額になることがあるので毎月の携帯料金支払い充てるのも良い方法だとは思うが、その手続きが割と面倒であるのと充当できる料金の範囲や期間が制限されており、たいした毎月の削減額にはなりづらい。それならドコモの全ポイントを充てられるアマゾンでお買い物するというのも人によっては大変便利な仕組みだと思う。ほしい物リストから何品か消すことが可能かもしれない。

      1.

      2.

      3.

      4.

      5.

      6.

      2019年1月30日水曜日

      Antutu ベンチマークテスト(iPhone Xs 12.1.3)と iPhone 11 コンセプト動画

      2019-01-29 現在






      出典:yourfones

      Antutu ダウンロード

      iOS
      https://itunes.apple.com/jp/app/antutu-benchmark/id803837129?l=en&mt=8
      Android
      https://play.google.com/store/apps/details?id=com.antutu.ABenchMark&hl=ja


      一度やってみたかった Antutu のベンチマークをとってみた(数分)んですが yourfones のサイトで見てみると iPad Pro ヤバすぎ。手元の iPhone Xs の実効値が若干高いのは iOS のバージョンが違うからなのか分かりませんがゲームしないんですけどね。今回の Xs 購入は失敗だったかなー。リーク情報みるとウワサ段階ですが Ⅺ のデザイン丸みが取れてなにげに良さげ。Wi-Fi 6 や 5G にも対応しそうな勢いです。

      iPhone 11 Trailer ( iPhone XI ) 2019

      「iPhone 11」の噂やリーク情報をまとめたコンセプト動画
      「iPhone 11」は次世代無線規格「Wi-Fi 6」に対応か

      2019年1月26日土曜日

      【レビュー】Beats by Dr.Dre イヤホン urBeats3 // iPhone 等 Lightning(ライトニング) 接続カナル型イヤホン第一の選択肢

      Dr.Dre urbeats3 Lightning Satin Silver







      小さい金属ハウジング筐体なのにこんなに音量(音圧レベル)が取れることに驚き。SONY MDR-XB70(生産終了) との比較になるが低音域、高音域ともにこちらの方が好み。iPhone の Spotify アプリイコライザで極端な設定や最大音量にしても音が割れない

      ・まさにいい意味でのドンシャリ音質。EQ いじると重低音と綺羅びやかな高音域がいい感じ。好相性は Pops/EDM/Rock/R&B/Jazz/Disco/House 等かな。

      ・リモコンの曲送り等の応答速度がはやい(1秒掛からない)。バシッときまる。

      ・耳からイヤホン取ってまとめようとすると自然とイヤホン同士がマグネットで引き寄せられる感じになる。これは意図的な工学デザインだと思う。さりげないが気が利いていて好印象。

      ・一組だけダブルフランジのイヤピースが付属してる。サイズは中だと思う

      ・やっぱり beats はデザインがイカしてる。筐体やリモコンの作り等高級感もあり今回はサテンシルバーを購入したが正解だった(iPhone Xs シルバーにて)。

      ・リモコンが直感的で説明書いらず。基本 iPhone 付属のリモコンと同じ操作。

      ・やはり iPhone と直結できるのは気分的にもすごくいい。途中にアダプター入らない分シンプルで素敵。

      ・やっぱり有線はやめられない。どうあがいても現段階では無線より数段上の音質。何より Bluetooth のようバッテリー自体の劣化を気にする必要がなく断線や故障等なければ永年使える。実際前途の XB70 は5年経っているが未だに余裕で現役。

      ・少しきしめんコードにヨレを感じる。自分は普通の円体コードがいいかな。

      イヤホンコードクリップが付属してない。必要な場合は別途用意必要。コードがホワイト系なので色々探したけどやっぱり Amazon に種類は多い。いま中国から取寄中。

      ・リモコンが左側にあるので今まで使って居たものとは逆。慣れれば問題ないと思うが。

      ・付属のイヤホンチップ(最初から付いてるもの M?)が小さかったので一番大きいものに変えたらフィット。これは個人差あるか(追記)→ 数日後ダブルフランジがキレイに奥まで嵌まって安定。多分数年はこれでいくと思う。

      今年から iPhone(Ⅺ?) はコネクタが USB Type-C に変更になる可能性がある(ウワサ段階だが)のでアダプタ無しで現行機種の iPhone ライトニング接続を使い続けるのであれば好みのイヤホンを確保しておきたい。