2014年3月25日火曜日

初めて聞いた「三次喫煙」の怖い話


昨日(2014.3.24)のナショジオの記事に下記のような内容があったので自ら喫煙者ということもあり内容を読んでみました。Sorce : ナショナルジオグラフィック - 発癌リスクだけでない三次喫煙の懸念

❝タバコの煙の残留物が染み込んでいるかもしれない絨毯の上をハイハイし、カーペットの上で眠りに落ち、家具をしゃぶる乳幼児や小児は、その毒性作用を最も被りやすい。❞

❝バーやカジノ、レンタカー、あるいは過去に喫煙者を招いた ことのある室内空間には、かなりの残留物が存在する可能性がある。❞ [出典] National Geographic News

なんということでしょうか。赤ちゃんのハイハイ、出張先のホテル、飲食店、レンタカー等さまざなリスクが至るところにあるのかもしれません。

記事の中には「20年以上」汚染化合物が何年残存するのかは未だはっきりしていないとありますが、健康に気を使う人にとっては一大事。引越し先の部屋壁を塗りなおすのが当たり前になってくるのかも!?



0 件のコメント: