2022年2月11日金曜日

📲【iOS 15.3.1】 iPhone等で活発に悪用されていると思われる脆弱性対処されたセキュリティアップデート

概要

まず「点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題が修正されています」との事。

iOS15.3.1およびiPadOS15.3.1のアップデートは無料でダウンロードでき、すべての対象デバイスで設定アプリからオーバー・ザ・エアー(OTA)で利用可能です。新しいソフトウェアにアクセスするには、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

セキュリティ(クリティカル)問題の修正

AppleのリリースノートによるとiOS15.3.1およびiPadOS15.3.1では、点字ディスプレイが反応しなくなる可能性のある問題が修正されています。また、このアップデートではiPhoneとiPadの重要なセキュリティ修正も行われています。アップルの添付のセキュリティサポート文書では、ソフトウェアは悪意を持って細工されたウェブコンテンツが任意のコードの実行につながる可能性のあるWebKitのバグに対処していると説明されています。

Appleはこの脆弱性が活発に悪用されている可能性があるという報告を認識しているため、iPhoneおよびiPadユーザーはできるだけ早く新しいiOS 15.3.1およびiPadOS 15.3.1に更新することが重要だとしています。悪用事例も既に多く出るようなので全てのユーザにおすすめのアップデートです。

つぶやき

それにしてもマスクでもFace IDが使えるiOS 15.4正式版が待ち遠しいですね。現在15.4のパブリックベータver.2あたりだったと思います。3月アタマ~中旬ごろにはAppleのイベントがあるそうなのでそこで正式版発表になると予想されます。コロナ禍もなかなか終わらずTouch IDも復活しないので、世界の(日本人だけ?)iPhoneユーザは相当イラついているのではないでしょうか。全ての人がApple Watch持っているわけではない筈なので自分としても本当に待ち遠しいです。